トピックス

かつてメダイは庶民の味方だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は「大メ」が大量入荷していますが・・・・・。

この状態でどんな魚が発泡に入っているのか分かったら、かなり想像力豊かな人だと思います。

答えは「メダイ」です。

実は最近入荷量が急激に増えていますが、旬が秋~冬だと聞くと妙に納得してしまいます。

かつてはお手頃な価格で入手が出来ていたメダイ。

そのため惣菜用の魚として重宝されていた時期もあったと聞きます。

しかし最近のメダイ相場は上昇傾向にあり、引き合いがあるモノの以前のような使い方はしていないようです。

なぜメダイが総菜用に使われるのか?鮮魚課佐藤社員に聞いてみると・・・・・。

生食、煮、焼き、揚げと、ほとんどの調理方法に対応可能で、1尾の魚体が大きく可食部が多いことは無駄なく使えて有効です。

加えて、食べて脂がのった白身なメダイは、万人が美味いと賞する魚です。

私は残念ながら食べた経験がないんですが、是非1度は試してみたい=食べてみたい魚です。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー