こんな仕上がりが理想、北三陸ファクトリーの北紫雲丹。

特種相対品課のセリ場で、殻付きウニを見かけました。

このウニの種類を皆さん分かりますか?

チョット前までは、「ムラサキウニ」か「キタムラサキウニ」なのか分別がつかなかったのですが・・・・・。

今は自信を持って言えます、目の前にあるのはキタムラサキ(北紫雲丹)です。

しかも出荷先は北三陸ファクトリー。

岩手県洋野町の「ウニ牧場」で、天然昆布で飼育された養殖ウニです。

なぜ「ムラサキウニ」じゃなくて「キタムラサキウニ」なのか。

その理由は食材としての価値=美味しさ・旨味の差、残念なことですがムラサキウニは食材として劣るんです。

殻を試しに割ったものがあるのでご覧ください。

零れんばかりに身が詰まっています。

当社が挑戦している「キャベツウニ」も、こんな実入りだったら良いのになぁ。

「うに栽培漁業センター」で1年間大切に育てられた稚ウニを、「ウニ牧場」で約2年間放牧。

都合3年間かけて仕上げた北三陸ファクトリーのキタムラサキウニ、これからも応援して行きます。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー