トピックス

もうすっかり秋、サメカレも登場しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

巷では3連休スタートの今日、しかし生憎の雨模様。

当地横浜の気温は、とうとう今朝20℃を切って19.3℃を記録しました。

すっかり秋が到来しています。

そして、鮮魚課北海チームのセリ場で秋・冬の訪れを感じる魚を発見しました『活〆 サメカレ』です。

サメカレ』、面白い省略の仕方、正式名称=標準和名サメガレイです。

いつ見ても、サメと言うより『鰐(ワニ)』か『ガマガエル』ですよね。

本物のサメ肌が持つ紙やすりのようなザラザラ感とは違い、ゴツゴツした感じです。

サメガレイの産卵期は12月~2月頃。

そのため、今の時期は来るメインイベント=産卵に向けて、餌をモリモリ食べて肥えていきます。

すると・・・・・、旨味の高い脂を全体に纏い、なんとも言えぬ美味しい魚になるのです。

鮮度が良ければ刺身はおススメ、定番の煮付けや幽庵焼きも外せないですね。

かつては量も纏まって水揚げされていたサメガレイ、近年はその数が激減し、その個体数の少なさから価値が向上しているそうです。

もしスーパーや鮮魚専門店でサメガレイを見かけたら、是非試しに購入してみて下さい。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー