やっぱり今のイサキはおススメです。

やっぱりイサキはおススメです。

昨日は休市日なので、誰に言われる訳でもなく夕飯の「おかず」を作っていました。

食材は先日ブログで紹介したイサキ。

仲卸の店先に並んでいた時は、4人家族で半身づつ食べれ良いかなと思い2尾買おうとしたけど・・・・・。

800gのイサキ1尾で正解でした。

何作る?実は最初からメニュー決めていました、イラで失敗した「ポアレ」です。

さて魚を捌かないと始まらないので、三枚下ろし。

やたらと腹が張っていたのですが、捌いて中身が白子だと分かりました。

包丁の入れ方次第では、流血を見ずに頭と一緒に内臓を取り除くことが出来ます。

とてもキレイな身肉です。

イサキに塩胡椒して冷蔵庫に寝かせて、下準備完了です。

さて料理と言っても簡単に言ってしまうと、魚に粉して油で焼くだけです。

これじゃ、身も蓋もない説明ですよね。

粉は小麦粉と片栗粉、油はオリーブ油で、皮目からパリっと焼き上げます。

気をつけなければならないのは、熱が身肉に伝わると急激に身も皮も縮むので慌てないこと。

慌てると悪夢の再来か!?

今回は2勝2敗の分け(苦笑)。

結構パリッと仕上がりました。

仕上げはソースが大切で、おしゃれなレシピはレモンバターソースが定番です。

しかし、我が家はニンニクバター醤油ソース。

分量は適当ですが、ニンニク(微塵切り、チューブも可)、バター、醤油、塩胡椒、白ワイン入れても良い。

魚だけじゃなく肉にも合うソースなので、試す価値あると思いますよ。

食べた感想を娘に聞くと、「皮が美味しい」と言ってくれたのが驚きだった。

イサキは焼き魚にしても皮目が絶妙に美味いと私は感じています。

やっぱり親子、好みは似て来るんでしょうか?

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー