やっぱり東京湾、江戸前の本カマスは凄い!

11月12日は月夜(満月)で夜が明るかった。

昨晩から南風が強く吹き海上は時化ている。

こんな状況では、当たり前ですが釣果は期待出来ないですね。

加えて潮早で定置網漁にとって良いことなし、明日の入荷される鮮魚が心配です。

今日は鮮魚課佐藤社員のセリ場で、こん棒みたいに太い魚を見つけたので紹介します。

なんだ本カマス?って思った人、絶対いたはずです。

実際、本カマスだから反論しませんが・・・・・。

私が興味を持ったのが産地。

佐藤社員に聞いたら東京湾は羽田沖。

やっぱり東京湾は凄いと再認識させられました。

この本カマスは豊洲市場にも出荷されているモノで、その取引値を聞いてこれまた吃驚!

いつも行われている鮮魚課、特種課の競られている値段の倍以上だそうです。

このサイズなら刺身、炙りがイイですね。

そのままシンプルに塩焼き、開いて一塩一夜干しもおススメ。

本カマスおかずで腹いっぱい白米食べたいところですが、私自身も無理の効かない年齢なので腹八分目にしとこ。

本カマスも夫婦仲良く1尾ずつではなく、仲良くシェアして食べようかな。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー