アマダイの焼き魚、実は刺身が本命なんだってー!

神奈川県がピンチ!

4日間連続して感染者300名超えなんて驚異の数字です。

身近では職域ワクチン接種も始まり、何とか終焉に向けて歩み始めていると信じたかった。

自分自身の周辺で、新型コロナウイルス感染者の話は皆無に等しい。

100%飲みには行ってないけど、ゴルフはするし練習場にも行く。

始終マスク着け、都度アルコール消毒するくらいで、普段の生活に大きな変化はない。

但し、勤務している会社とお取引先が、日増しに痛んで行くこと以外は・・・・・。

このままでは蔓延防止等重点措置から緊急事態宣言にレベルダウン。

更なる規制が私たちを苦しめるのか?

嫌なことばかりだけど、美味しいモノを食べている時は幸せ。

今日は土曜日の続きアマダイ、さあどうやって食べたのか?娘たちの感想は?

ちゃんと2尾買った証拠に記念撮影。

煮付けと塩焼き、どちらにしようかと迷ったけれど、背開きにしたかったので塩焼きに決めました。

俎板に置いたアマダイが思いのほか大きくて、2尾一緒に焼くのは無理だと悟った。

とても水っぽい身質で、ピチットシートが見る見るうちに水分を含んでいく。

余計な水分が抜けることで、旨味が凝縮されるのでアマダイに振り塩は不可欠な存在です。

見た目は身割れしてNGだけど、振り塩により旨味と甘味がギュッと引き出されてGOODです。

私は美味いと思ったけど、家族の評判は私の想像を遥かに調節していた。

「こんなに暑いのに焼き魚じゃないでしょ!」「刺身が良かった」と相方が言い放った意外な意見に目が点でした。

刺身はもう飽きたと言ってた気がするけどね。

次は刺身や昆布締め?

私の鈍ら包丁と腕前では、アマダイの刺身を作るのはまだまだ先のことかな。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー