オキザワラの魚体は食糧事情を変える?

また突き刺さっていました(笑)、オキザワラです。

 

私たちはオキザワラと呼んでいますが、正式名称(標準和名)はカマスサワラです。

そして英語表記では、Yahoo(ヤフー)ではなくWahoo(ワフー)です。

カマス、

サワラ、

どう見てもカマスじゃないですよね。

鮮魚課佐藤社員に産地を聞いたら、宮崎県日南だそうです。

オキザワラはどちらかと言えば南方系の魚で、当横浜市場ではそんなに珍しい魚ではありません。

しかし、ガタイが大きな魚なので非常に目立ちます。

オキザワラは大きなモノで全長2mを超えるため、発泡に口が刺さったり、尾っぽを切られて出荷されてきます。

ちょっとトレードマークの縞が薄いな?

ネットで調べたらイシダイと同じ仕組みで、若い魚には横縞がハッキリ。

しかし成魚になると、徐々に縞が薄くなって行くそうです。

正直食べたことがない魚なので、美味いのかそうじゃないのかハッキリ言えません。

ただ言えることは、オキザワラはお手軽価格でしかも魚がデカイ。

お惣菜などの原材料に使ったら、可食部がたくさんあるので最高ではないでしょうか。

オキザワラはもしかしたら、世界の食糧事情を変えるかもしれないですね。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー