カンパチ、キレイな魚は足が早い。

キレイな魚体にそそられるのは私だけじゃなかった。

鮮魚課小島社員で出逢ったカンパチ、活〆されて出荷されてることもあり鮮度は良さそう。

良い魚は動きが早い。

写真を撮った後に、直ぐに売約済みの札が入った。

久々惚れ惚れする魚体に出逢えた気がします。

カンパチの旬は一般的には夏から秋と言われていますが、盛夏の8月はほとんど見かけませんでした。

しかし台風10号が通り過ぎた後から、福岡博多などからまとまって入荷が続いています。

そして江ノ島㈲魚増商店からは「庄八」と言う表記で、カンパチの幼魚=汐子も入荷して来ました。

個人的には身の色、シコシコした食感、ギトギト脂っぽくないあっさりとした味わいのカンパチは嫌いじゃありません。

むしろ好きかもしれません。

絶対おススメなのが生食で、刺身そしてカルパッチョ、漬けも良いな。

でも私は王道ばかり進まないので、勿体ないけど煮付けや焼きも試しました。

結果、不味いとは言いませんが、あくまで私見で言うおススメしません。

カンパチは味が濃く、自己主張の強い魚じゃないからでしょうね。

いま水揚げが多いと言うことは、取引価格もお手頃価格であると言うことです。

騙されたと思ってカンパチ食べてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー