ガーリックバターはサザエに合う。

最近連荘でサザエを買って食べています。

自分で「サザエは産地毎に匂いが違う」なんて載せちゃったので、責任を感じているんです。

しかし俄かな素人では、職人には敵いません。

匂いの判別は出来ず仕舞い、身が硬いのか柔らかなのか位は感じれたのかな。

このところ鎌倉・小坪の追っかけでサザエが入荷しているので、鮮度抜群の鎌倉のサザエ狙いで買っています。

どうやって食べたらイイの?

生・刺身で食べて欲しいのですが、あまりにも普通でつまらない。

サザエのつぼ焼き、肝が苦くて美味しくない。

だったらエスカルゴ風、日本語で言ったらサザエのガーリックバター焼きは如何でしょう?

作り方は簡単、

①サザエの身と殻を外します。

②次にサザエの身、ヒモ、貝柱を食べ易い大きさに切り分けます。

③殻を器として使う場合はよ~く殻の内外を洗い、バター、ニンニク、パセリ、塩を混ぜたものを殻の中にセットします。

④③の殻にサザエの身を入れて、再びガーリックバターをのせて準備完了です。

⑤④のサザエをトースターで5分間加熱して完成です。

ちょっと病みつきになりそうな味わい。

かかった時間は4個で30分くらい。

生でもイケるサザエなので、半生でも全然平気です。

簡単美味しいので、是非作ってみて下さい。

※但し、サザエの殻から身を剥くのが一番大変かもしれません。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー