キハダマグロが定置網にかかった。

最近の平塚の追っ駈けがおかしい。

平塚だけに限定する訳じゃないけど・・・・・。

大きく言っちゃうと、相模湾がおかしいです。

今の時期に、夏の使者「シイラ」が纏まって入荷して来る。

成魚のカンパチならまだ許せるけど、汐子がコンスタント入荷。

そして大物・キハダマグロまで定置網にかかってしまうなんて驚きです。

色々な魚種が水揚げされて「いいじゃないの?」と思うかもしれません。

しかし現実はそんな簡単なものじゃないです。

変わり者が増えても、常連さん(アジやサバ等)が通常通りに獲れればイイのですが・・・・・。

極端に入荷量が減少している気がします。

海水温が高過ぎて、常連さんは住みづらくなり何処かに引っ越しちゃたのかな。

絵面としてキハダマグロは栄えてイイのですが、やっぱりこの時期マアジやカワハギの入荷して欲しいですね。

相模湾で起きているいることが、日本中、世界中で起きていると思うと、水産業界の将来は明るくなさそうです。

追伸

丁度、今日仲卸の㈲元初商店の森さんが、キハダマグロ捌くと聞いてお邪魔しました。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー