キンメダイ、目は口程に物を言う。

20年2ケ月ぶりの円安だそうです。

昨日の円ドル相場が132円近辺まで下落した。

1年前の今頃が109~110円台だから、誰も想像できない展開になって来ました。

日本の食料自給率の低さが、本当に痛い。

ネットで調べたら2020年までの指標で、日本の食料自給率は37%。

なんと日本の食料の63%が海外頼みで、先進国でダントツのビリなんです。

値上げ、値上げの嵐を収める手立ては、一個人にはない。

ゴールが見えない我慢比べ、果たして何処まで耐え続けることが出来るだろうか?

今日はパット見開いた眼は、何を見ているんでしょう?

眼は金色じゃないけど、キンメダイを紹介します。

キンメダイは量販店やスーパーにも、ラウンドや切身で販売されているので認知度の高い魚です。

稲取、勝浦、銚子など産地によって値段が大きく変わる面白い魚です。

加えて日戻りなど、水揚げから出荷までの期間=鮮度の違いで商品の差別化を図ったりします。

魚体がピカピカして、キレイ、美しいです。

キンメダイと言えば煮付けが定番料理ですが、個人的にはしゃぶしゃぶが良いですね。

梅雨入りと共に、少し肌寒い日が続いています。

真夏にキンメの煮付けは厳しいけど、今の陽気ならおススメです。

暑ければ、クーラーでガンガン部屋を冷やして煮付けを食べるのも良し。

煮汁は「うまかばい」か「徳造丸 秘伝の煮汁」を使えば、誰でも上手に煮付け作れますよ。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー