トピックス

サケの町標津より秋の便りが届きました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道は標津郡標津町より秋の便りが到着しました。

銀鮭?疑ってすいません、正真正銘の鮭です。

 

そもそもシベツ(標津)の語源はアイヌ語で、「サケのいるところ、大川、または本流」の意味だそうです。

まだまだ走りのサケのため細くて重量も軽めです。

メスのサケなので、どことなく優しい顔をしてます。

腹を捌くと、イクラが腹一杯に詰まっているんでしょうか。

どうしてもサケのメスだったら期待しちゃいますね。

まだサケ漁は全面解禁ではありませんが、気になるのは今年度の水揚げ量です。

秋の味覚サンマは早くも不漁予想が出ています。

さて秋鮭は豊漁となるのでしょうか。

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー