サイトアイコン 横浜丸魚株式会社

ソデイカ、大きくて美味けりゃ文句なし。

某有名回転寿司チェーン店を舞台に行われた悪戯投稿が話題になっています。

恐らく未成年者が行った悪戯ですが、回転寿司業界に与えたマイナスインパクトは大きい。

もしも自分自身がその場に居て、他人の唾付きの寿司を食べたら・・・・・、誰もが想像する光景です。

その他老婆の摘まみ食いや幼児がレーン上の更にタッチなど、堰を切ったように連続して動画が投稿された。

胸糞悪い動画に対して、多くの人に見てもらうために、私はハートマーク(良いね)を押し、リツイートもした。

未成年者だから許せる犯罪はない。

特に水産業界と寿司業界は、一心同体、切っても切れない間柄だから他人事ではありません。

本件の事の成り行きが非常に気になります。

今日は昨日大量入荷した食材、ソデイカを紹介します。

原体ではなく、産地で足や内臓は抜かれ外套(胴体)も捌かれて入荷しています。

そのものを取り出してお見せ出来ないのが残念ですが、大きくて凄く肉厚ですよね。

イカの大小で言ったらダイオウイカがデカいですが、味の方はソデイカの圧勝、勝負になりません。

ソデイカは沖縄、九州から日本海の対馬暖流沿岸、小笠原諸島で獲れますが、旬?秋ですかね。

鮮度の良いソデイカは表面が赤褐色、古いモノは白くなっています。

と言うことは、目の前のあるソデイカは鮮度抜群と言うことです。

だったら生で食べたいのですが、ソデイカの身肉は繊維が強すぎて余程薄く切らないと歯が立ちません。

ソデイカは1度凍らせることで、身肉の繊維が壊れ柔らかくなるんです。

それでも身肉の厚切りは厳禁で、凍られた状態で薄く切ると上手に刺身を作れます。

余談になりますが、イカは冷凍しても味が劣化しないので、小分け冷凍して、使う分だけ解凍すれば良いです。

ソデイカは生食は勿論、フライやソテーにしても美味しいですよ。

追伸

ソデイカには何と産卵期・繁殖期と言う期間がないそうです。

と言うのも、365日産卵期・繁殖期だから1年中。

しかもソデイカは群れを作ることなく、オスメスのツガイで生活を営むイカだと言われています。

その習性に由来してなのか、つけられた名前がメオトイカです。

仲睦まじいソデイカを私も手本にしたいです(笑)。

 

 

 

 

モバイルバージョンを終了