トピックス

トキシラズの売りは、爽やかな脂です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちらほら入荷はありますが、だいぶ遅れている気がします。

トキシラズが北海道釧路から入荷しています。

いつもこの時期は、本マスから切り変わってトキシラズの入荷数が増えてイイのに・・・・・。

トキシラズの入荷が、例年よりも少ないように思えます。

たまたま北海道厚岸のマルヒロからセミドレスの状態のトキシラズを発見。

一番脂ののっている腹の部分=ハラスを確認出来ましたが、申し分のない脂のりでした。

キレイなサーモンピンク色が、私の食欲をそそります。

銀ザケの『伊達のギン』のフィーレも並んでいたので、比較のために画像を撮ってみました。

天然と養殖で、こんなに発色に違いがあることに驚きを感じました。

おそらく給餌されている餌のアスタキサンチンの含有量が、身肉の赤さに大きく影響を与えていると想像出来ます。

日本の良さは四季毎に、旬の食材が食べれること。

秋鮭もイイですが・・・・・、秋まで待てない人はトキシラズ。

トキシラズの最大の売りは『脂』なんですが、不思議なくらい脂が身肉と一体感を醸し出しています。

『脂』が美味い。

そんなトキシラズをどうやって食べたらイイ?と聞かれたら・・・・・。

私は、シンプルに塩焼きで食べることをおススメします。

騙されたと思って、是非お試し下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー