トピックス

ヒレナガカンパチ、こんな魚釣ってみたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鮮魚課佐藤社員のセリ場に大物登場しています。

伊豆諸島の一つ八丈島から、3本まとまっての入荷です。

でっかいカンパチだなと思っていたら、㈱ムラマツの小林さんが『ヒレナガカンパチ』だと教えてくれました。

早速、カンパチとヒレナガカンパチの違いを調べてみました。

①尾鰭の下葉の先端が白いのがカンパチ、そうじゃないのがヒレナガカンパチです。

②背鰭の先端が長く伸びているのがヒレナガカンパチ、そうじゃないのがカンパチです。

③体高が髙い(太い)のがヒレナガカンパチ、ややほっそりしているのがカンパチです。

横浜市詰所職員のIさんから、この魚はカンパチ?クエ?と質問されて絶句!

クエと間違えられたら、ヒレナガカンパチが可哀想過ぎですね(笑)。

どちらかと言うと南方系の魚であるヒレナガカンパチは、日本近海の沿岸では見かけることは稀。

小笠原諸島や琉球諸島、九州南部他、温帯・熱帯域に生息しているそうです。

当然出荷されてきたヒレナガカンパチは釣りモノです。

こんな巨大魚を釣上げたら、一生のラッキーを使い果たしちゃうでしょうね。

追伸

2016年10月に平塚市漁協の定置網で入荷があった活けのカンパチです。

尾鰭が白なのが分かりますか?

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー