マアナゴ、貴方はいったい何歳ですか?

暑かったり、寒かったり、大きな気温の変化にカラダが悲鳴をあげそうです。

風邪?インフルエンザなんてとんでもないこと。

もし新型コロナウイルスの感染者や濃厚接触者になったら、家族に何を言われるか想像するだけで恐ろしい。

通勤はマイカー、そして立ち寄るのはコンピニと練習場くらい。

そして市場休みに、白球を追いかけて芝生や野山を散歩するだけ。

これで感染したら、よっぽどツキがないんだと諦めるしかないかな。

長いものに巻かれて?

いやいや時流に身を任せて、残り少ない2020年は過ごそうかな。

長いもの、鰻やアナゴのことじゃないですよ。

長いものとは「力のある者」、巻かれるとは「従う」ことなんだけど、私自身が一番嫌いで出来ないことの1つ。

でも面白くて長いものをセリ場で見つけちゃったので、今日はこちらをどうぞ。

言っておきますが、クロアナゴじゃないですよ。

正真正銘のマアナゴ、岩手県宮古市の須藤水産より出荷された超巨漢アナゴです。

丁度隣りには、千葉県銚子より普通サイズのアナゴも入荷しておりますが・・・・・。

あまりに好対照な大きさで面白い。

ちょっとマアナゴについて面白いこと何かないか調べてみたら、ありました。

オスよりもメスの方が、成長が早く寿命も長いようです。

ネットによると、メスは7年で約90cm程度に成長するようです。

だとすると目の前のマアナゴは全長1m近くはあるので、間違いなく7歳以上ですね。

こんなにデカいと、少し使い難いですね。

外見だけで味を判断するのはナンセンスなんですが、おそらく3.7㎏のマアナゴはアメリカンな味わいでしょうね(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 2021.4.16

    とある休日

アーカイブ

市場カレンダー