マカジキの「二の切れ」って知ってる?

チョット見過ごすことが出来そうにありません。

突然唐突な話しですが、マカジキがとても良いんです。

大物低温倉庫にはほゞ毎日、当社かライバル会社の横浜魚類㈱いずれかのマカジキがセリ待ちをしています。

しかし興味をそそられるのが、鮮魚課北海チームで見かけるマカジキです。

じゃじゃ~ん、その画像がこちらです。

良い色目で、美味そうです。

でもカメラでマカジキを撮っている時、いつも考えていた事があるんです。

それは・・・・・、どの部位が一番美味しいのか?

今まで撮影して来た画像を確認すると、ほとんどが胸鰭当りでした。

この際ネットで調べてみようと思い「マカジキ」を検索していたら・・・・・、ありました。

カジキの部位は頭の下の方からおよそ30センチ間隔で「一の切れ」「二の切れ」と呼ばれ、尾の部分の「五の切れ」まであるそうです。

そして各部位によって味わいが違い、一番人気は腹身がある「二の切れ」だそうです。

かなり脂がのっているマカジキ、まずは刺身でお試して欲しいですね。

そしてバターやオリーブオイル等との相性も良いので、ソテーやムニエルなんておススメです。

皆さんが目にする時は、マカジキの原型を想像出来ない切り身に変身していると思います。

量販店やスーパーで買い求めることが出来るので、是非食べて欲しいですね。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー