マスノスケの13.5㎏は凄くない?!

昨日、2度目の赤ちゃんに戻りました。

実は「還暦」になってしまいました。

還暦とは、生まれた年の暦に還ることから「赤ちゃんに還る」とされています。

赤ちゃんと語呂が似た赤いちゃんちゃんこや、産着に見立てた赤い下着を身につける風習が生まれたそうです。

まさか自分が赤いちゃんちゃんこ?想像したくもありません。

但し、還暦=60歳=本厄の年と言うことだけは注意してます。

だとしても、厄払いのために赤いちゃんちゃんこは絶対に着ませんよ。

さて今日は、かなりビックで、驚愕の値段の魚を紹介します。

先日紹介したマスノスケ=キングサーモンですが、13.5㎏のマスノスケを紹介しない訳にはいきません。

こんな大物を仕入れた鮮魚課堀元社員の男気を褒めたいです。

定置網漁で獲れたマスノスケですが、かなりキレイに鱗が残っており状態は良さそうです。

同じマスノスケ1.7㎏と並べて比べてみたら、大人と子供ほど魚体が違いました。

気になるのは値段と味です。

元々キロ単価6,000円は下らないマスノスケ。

このサイズだとプレミアムがついて、市場内の取引値で聖徳太子が10名位は必要になるそうです。

昨日水揚げされた大き目の魚体のため、あと1~2日置いたら全身に脂がまわり食べごろになるようです。

こんなマスノスケを1度は食べてみたいけど、欲張ると良いことないのでトビウオで我慢します。

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー