丹後とり貝、規格外のスケール!

特種相対品課北村社員のセリ場で、気のなるモノを見つけました。

それは「とり貝」、しかも京都は丹後とり貝・ブランド水産物です。

北村社員の話では、今目の前にある丹後とり貝は養殖モノで1年物だそうです。

そして皆さん驚かないで下さいよ、このサイズで小なんです。

一般的なとり貝の殻の直径が6cm程度なのに、丹後とり貝の殻の直径は8.5cmを超えるそうです。

この大きなとり貝ですが、全国で唯一京都府農林水産技術センター海洋センターにて育成の技術を完成させ、事業化させたそうです。

兎角大振りになると、味も大味になりがちですが、インターネット上で丹後とり貝は、食の常識を覆すと紹介されていました。

どんな味わいなのか興味ありますね。

7月に入ると天然モノの丹後とり貝も出荷が始まるそうですが・・・・・。

北村社員に値段を聞いてビックリ、キロ単価じゃなくて1個5,000円にもなるそうです。

恐らく一生の間に口にすることのない食材ですが、夏を感じる食材になること間違いないですね。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー