今が旬じゃないけど、スズキが大量入荷中です。

鮮魚課、特種課にも並んでいました。

本来の食べて美味しいと言われている旬ではありませんが、大量にあの出世魚が入荷しています。

今日はスズキ(鱸)を紹介します。

何と言っても、成長に伴って出世するように名前が変わる魚として、縁起の良い・目出度い魚とされています。

一般的には大きさで、セイゴ、フッコ、スズキと呼ばれています。

今の時期のスズキはちょうど産卵期(11月から2月頃)で、沖合深くに生息しています。

勿論、産卵を終えたスズキの腹は、ガリガリなはずなんです。

よ~く見てみると、正直痩せてちょっと・・・・・、コメントしずらい個体もいます。

 

でも、総体的には良い型のスズキが多く揃っているのに驚きです。

私の勝手な想像ですが、産卵行動がズレている個体が多いのかもしれません。

本牧・小柴などの東京内湾、横須賀長井、三浦市松輪など相模湾と東京湾と近接する海域では、かなり纏って水揚げされているようです。

食べた味わいはどうなんだろう?

スズキは脂ノリノリで自分の個性を強力にアピールしてくるブリとは違い、自ら主張しない白いキャンバスみたいな魚です。

どんな調理方法にも身を委ね、どんな色にも染まる白身魚。

スズキは魚の状態に合わせて、作り手が調理方法工夫し、作る人の実力を120%発揮できる食材なんです。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー