トピックス

今日はJumboな魚が大集合。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Jumbo(ジャンボ)=巨大、今日はセリ場を歩いているとデカイ奴に逢ってしまった。

まずは特種相対品課森社員のセリ場で、デッカい車エビです。

気になったのは産地が何処なのか、そして養殖なのか天然なのか?

森社員の回答は中国産、これは何となくだけど「す~っと」納得できるかな。

でも意外だったのが、養殖ではなく天然の車エビだと言うことです。

どんな餌食べ、どれだけの年月を使ったら、こんなにジャンボな車エビになるんでしょうね?

次は鮮魚課佐藤社員のセリ場で、デッカいクロムツを見つけました。

久々の大物で11.6㎏と14.2㎏の2尾、東京都八丈島から出荷されてきました。

奇しくも、私がダイエットしたい目標10~15㎏に近い重さ。

こんな形で10㎏と言う重さを再認識することになるとは・・・・・、目標達成までの道程は険しい。

ちなみにこの大物を仕入れて行ったのは、仲卸㈱石川米のグループ会社山石水産でした。

さすが山石水産、横浜市場でも指折りの魚の目利きが効く取引先です。

そして最後に登場するのが、北海道は函館戸井のホンマグロ151.9㎏です。

100㎏を超えてくるとマグロを見慣れている私でも、体内にアドレナリンが分泌されているせい?

ちょっと興奮状態に陥ってしまいます。

どれどれ尾切りされたモノを見てみると、鮮度がイイから縮れてますね。

残念ながら画像が2Dだから立体的に見えませんが、何とか身が縮れて凸凹していることが分かりますかね。

色艶も良いし、食べたら美味しいんでしょうね。

でも獲れたてのマグロは熟成していないのでゴリゴリ。

果報は寝て待ての諺の通り、暫く熟成するまで待たないといけませんね。

追伸

北海道から10.6㎏の松川(マツカワ)も入荷してました。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー