サイトアイコン 横浜丸魚株式会社

令和の怪物と聞かれたら?

【統一地方選挙】藤沢市議会議員選挙が23日で終わった。

定数36に対して55人の候補、ポスター掲示場があっても全く興味が湧かなかった。

誰押し、特定の候補者を応援していないからだと思います。

ちゃんと投票に出かけましたよ。

でも今回の投票率は37.69%で、前回より0.61ポイント改善したようです。

60%以上の人が投票しない選挙で、月給565千円の藤沢市の代表を決めるんだからどうかと思う。

それだけじゃない政務活動費が月当たり107千円支給され、夏・冬のボーナスがあるから年収1,000万円は余裕ですね。

今日は私のハートをズキューンと射抜いた食材、「令和の怪物」を紹介します。

「令和の怪物」と言ったら、ロッテの投手佐々木朗希選手?

さすがに佐々木朗希選手は市場にいませんが、ブランド牡蠣の「令和の怪物」はいますよ。

セリ場で見つけ、今日はこれだと決めました。

営業担当者北村社員に確認したら、岩手県大船渡市大船渡町から出荷された養殖牡蠣。

ドンピシャ佐々木朗希選手に肖ったネーミングです。

既にネット上でも紹介されており、大粒の身が正に令和の怪物の名に相応しいそうです。

見たら食べたくなるのが人の常、食いしん坊の性なんでしょうか。

仲卸の㈲丸勇商店で取り扱っているのを事前チェックし、試しに3個購入してみました。

さすがに殻付き牡蠣買って帰って、相方に怒られることはないでしょう。

家に帰ったら殻を剥いて食べたいと思います。

 

モバイルバージョンを終了