何これ?ギマだって!

千葉の銚子から珍しい魚が入荷しました。

本当は羅臼のブリを紹介しようと思っていたけど・・・・・。

目の前に、見たことのない魚を発見。

勿論ですが、このブログで紹介するのは初めて「銀馬(ギマ)」です。

最初は名前も分からなかったのですが、ウマズラハギの仲間だと見当をつけて調べたら・・・・・。

見つけました、モンガラカワハギ科に属する魚の中に、目の前にいる銀馬を!

ギマはフグ目モンガラカワハギ亜目ギマ科に属しますが、ウマズラハギはフグ目モンガラカワハギ亜目カワハギ科と二人は近しい間柄でした。

ただギマとウマズラハギが決定的に違う点があるんです。

それは滑りの有無です。

ギマは写真写りでもご理解いただけるように、テカテカしてるでしょ。

これがギマの体内から出てくる粘液です。

対してウマズラハギは瘡かさで、紙やすりのようです。

そして独り立ち出来るところ、冗談です。

ギマは纏まって入荷がある魚ではなく、市場に出荷されることは稀な存在。

と言うとレアキャラ?だと思います。

ギマはフグ目モンガラカワハギ亜目ですから、白身で上品な味わいと聞いています。

プラス肝があれば、カワハギ同様に楽しめるそうです。

機会があれば1度試したいですね。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー