台風の影響で来るものが来ません。

分かっていたけど、やっぱり鮮魚課小島社員のセリ場にいつもあるモノはなかった。

台風10号の影響で、九州からのアジの出荷がほゞストップ状態です。

その代わりに、横須賀・長井水産㈱や大阪湾からアジが纏まって入荷しています。

どこの仲卸もアジのニーズは高く、現状を把握したうえで必ず小島社員に値段を確認して行きます。

えっ?目が飛び出るくらいの高値。

でも仕方がないです。

台風が原因で、入荷して来るアジの絶対量が少ないことを皆が理解したます。

でも一縷の望みをかけて、平塚の定置網漁「追っ駈け」はどうなのか?

小島社員に確認してみると・・・・・、今日は「潮速」で定置網漁は出漁していないそうです。

これで選択肢は、「買うか」「買わない」の二択になっていまいました。

魚の価格は「時価」、魚の価格も基本「需要と供給のバランス」で決まります。

しかし今回の台風のように、時として自然のいたずらに振り回されてしまう。

そして台風の後は海水も混ざり、獲れる魚も一新します。

さ~て出た目は、丁か半か?良い方向に転ぶことを期待するだけです。

平時の姿に戻るには、早くても休市日開けの木曜日。

セリ場に発砲の箱が山積みされ、並び切れない姿を早くみたいです。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー