トピックス

地元神奈川のヤリイカから目が離せない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと底冷えする寒さ、午前6時の横浜の気温は2.7℃。

しかし市場のセリ場内は、北風の影響で体感温度は0℃に近い感覚⇒正直、本当に寒いです。

鮮魚課小島社員のセリ場で、見つけましたオレンジ色に染められた『松輪漁業協同組合』の文字

松輪漁協より出荷された活けのヤリイカです。

そして昨日に引き続き平塚市漁協の川長三晃丸より、追っ駈け登場。

こちらもOnlyヤリイカでした。

ネットで「相模湾・東京湾の釣り案内」と検索すると、予想通りヤリイカ大漁の画像がアップされていました。

ヤリイカの旬は、秋から春。今がその時期=just in Timeなんです。

ヤリイカの寿命は1年で、春から初夏にかけた時期が産卵期となります。

ちょうど今の時期は、体長は大きく成長し、メスは子持ちとなり食通を唸らせる逸品なります。

獲れたてはシコシコした食感、少し寝かせる(熟成させる)とねっとりとした旨みと甘みを楽しめますよ。

毎日少しづつ食べていると、味や食感の微妙な変化を確認できるはずです。

今、地元神奈川産のヤリイカから目が離せない!

追伸

セリ場は戦場!?

しかし、真剣勝負の中にたまに微笑みも。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー