天然銀鮭の存在を今頃知りました。

秋鮭のシーズンが到来しているのに、新型コロナウイルスの影響なのか盛り上がらない。

水揚げがないのか?

今のところ悪い話は聞いていないので・・・・・。

私の当てにならない感想より、然るべきところで集計したデータの方が話しに信憑性がありますよね。

道漁連の北海道秋サケ漁獲速報(9月2日)を確認してみると、前年比115%だから悪くもないかも。

北海道から出荷されて来ている生筋子も、日増しに良くなっている。

今日は北海道日高のブランド鮭「銀聖」も見かけたので静観、暫らく黙って待っています。

そんな中とても珍しい鮭を見つけました、北海道の銀鮭(ギンザケ)です。

銀鮭って養殖サケなの?思わずスマホで調べてしまいました。

すると天然の銀鮭を確認しました。

銀色の皮目がとてもキレイです。

私には目の前にいる魚が、銀鮭なのか秋鮭なのか全く区別が出来ません。

仲卸㈲八丁平の店頭に、半身フィーレ、そして切り身になった銀鮭を発見。

思わず半身を買ってしまいました。

オレンジ色に輝いて、美しい身色ですね。

塩焼きにして食べたら・・・・・、美味しいに決まっているでしょうね。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー