寒鰤1本はさすがに買えない。

鰤、ブリ、寒鰤が食べたい!

でも市場では見ての通り、ラウンド=丸の魚、1尾単位で販売されています。

市場に出荷されてくるブリは10㎏前後が中心。

単純にK当たり1,500円としたら、1尾15,000円それに消費税が加わるので・・・・・。

財布と相談する前に、店先からフェードアウトです(笑)。

大きく育って、脂がのっているから美味しい寒鰤。

1尾買えないそんな時は、仲卸さんと個別交渉してみるのも良いと思います。

半身に下ろされたブリを見つけたら、四分一売ってくれないか聞いてみるのも手です。

仲卸で売る当てがなければ、交渉に乗ってくれる可能性もあります。

そして私は一昨日、福井産11㎏の鰤の腹身を四分一購入しました。

約2.75kgのブリってどんな感じか想像つきますか?

塩焼きやブリ照りに出来るサイズの切り身で、なんと10~13枚もありました。

やばい、毎日ブリ食べないといけないと思いつつ、早速、自宅でブリ照り作りました。

実質の調理時間は20分くらいかな?

一番時間がかかるのは、振り塩後の待ち時間15分。

後は水気を取って片栗粉。

サラダ油にごま油を混ぜて、こんがり焼き上げます。

醤油、味醂、酒、砂糖が入った照り焼き用汁をフライパンに投入。

照りが出るまで汁気を飛ばしたら出来上がり。

さすが腹身、程よい触感と脂ののりが堪りません。

ブリ照りを4人前作って夫婦で1枚ずつおかずに、そして3枚目は長女の弁当のおかずに使うそうです。

そして残り1枚は・・・・・、次女が食べなければ今晩のおかずかな(苦笑)?

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー