川口食品の干甘えびで拉麺作ろう!

いつもモノ欲しそうな顔しているかな?

役得ですよね、ほとんど自費で食材を調達していますが、時々営業社員の方々から頂くこともあります。

今回も先週特種相対品課小森社員から試してみてと、川口食品(川口哲昭)の「干甘えび」を頂きました。

原材料は日本海産甘えびと食塩だけで、この鮮やかな朱色は凄い。

酒のつまみ?と聞いたら、そのまま食べても美味いけど、ラーメンの出汁に使うとイイよ教えてくれました。

そして作りましたよラーメン、当たり前ですが即席ラーメンですよ。

袋乾麺では少し寂しいので、チョット贅沢に袋・生麵のタイプを仲卸の㈲兼音青木商店で入手しました。

そして日曜日の正午より昼飯作り開始です。

まず「干甘えび」を乾煎りして、日本酒で柔らかくふやかしエキスを抽出。

味見したら、凄い海老の出汁が出ている!

そしてふやかした「干甘えび」をミキサーで粉々にして、丼に投入。

これだけなら普通の即席ラーメンに毛が生えたレベル。

トッピングには、時短万能たれ「うまかばい」で味付けた煮卵、そしてチャーシューをトッピング、全て自家製です。

これだけ手間をかけて不味い訳ありません。

「えびそば一幻」とは比較のレベルが違いますが、海老好きだったら試す価値あると思いますよ。

今度はパスタのトッピングで使ってみようかな。

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー