トピックス

巨大カワハギ、追っ駆けに登場。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

久々平塚市漁協の2船より追っ駆けの魚がセリ場に並びました。2船ともに活けモノ中心で、カワハギ、ウスバハギ、ウマズラハギが中心で、皆肝パンの状態で美味しそうです。

そんな中、特大サイズのカワハギも登場。筆者が手の平を最大に広げて親指と小指をつないだ長さが20センチぐらいなので、今目の前で持っているカワハギは優に30センチを超える超大物です。

しかも腹を見ると多少は浮き袋の影響はあるものの、かなりの肝パン状態です。恥ずかしい話なんですが、筆者一般的に言われている肝パン状態のことを肝ぷくと呼んでいました。

どちらにしても肝が肝心の今の時期のカワハギ。肝醤油か肝ポン酢で刺身で召し上がってほしいです。

肝が少し苦手の人は、少し肝を醤油に漬けておくか、最初は少な目から始めてください。

最初からあまり濃厚すぎると、カワハギの良さが分からなくなるので慌てず行きましょう。

img_2161 img_2162 img_2171 img_2151 img_2177

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー