平塚の追っ駆け、カジキの次は何が入荷する!?

相模湾はまだ夏なの?

最近平塚の追っ駈けで、連日「夏の使者シイラ」が入荷しています。

そして今日は体重98.2㎏の超大物まで入荷してきました。

体重が100㎏近い魚と言ったら、思い当たるのはマグロ?

ブブー!確かにキハダマグロは相模湾でも水揚げされますが・・・・・。

答えはカジキです。

今日入荷したカジキの種類は?

チョット言い当てる自信がないけど、おそらくシロカジキだと思われます。

カジキと言えば、熱帯、亜熱帯の暖かい海に生息する魚。

今まで海水温と気温とは2ケ月のズレがあると通説のように言われて来ましたが、相模湾はまだ夏真っ盛りなんですね。

ちなみにカジキのことを「カジキマグロ」と呼んだりするんですが・・・・・。

「カジキマグロ」は俗称で、カジキはマカジキ科かメカジキ科に属する魚で、マグロはサバ科なので全く別の種類です。

なぜ相模湾にカジキがいるのか?

海水温が高いことが大きな原因だと思います。

地球温暖化の影響なのか、神奈川県内各所で海水温が高いと耳にしています。

そして今でも「キハダマグロ」をターゲットとした釣り船は盛況、そして釣果も上々。

でもこんなにデカく思いモノが定置網にかかったら、網の心配する私は可笑しいですかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー