待ってました、追っ駈け!

平塚市漁協の川長三晃丸、日海丸の2船より追っ駈けの鮮魚が到着した。

さすがに両船から鮮魚が届くと、魚種のバリエーションが広がります。

太刀魚、

シコ(カタクチイワシ)、

小ムツ、

マアジ、

サバ、

イナダ等々。

単純に絶対量が増えただけでなく、魚の質もだいぶ良くなって来ています。

そして追っ駈けのセリを待っている仲卸や売買参加者の数も増加中です。

セリに参加する人が増えると自然に競争原理が働くため、出される手槍もヒートアップ中し、取引値はインフレ傾向に・・・・・。

追っ駈けの魚は高い、でも高いのには理由があるんです。

今日の深夜に水揚げされた魚が、その日の朝には市場に出荷され、セリにかけられる。

横浜市場は中央卸売市場なのに、地方卸売市場・産地市場的な役割も果たす面白い市場です。

「追っ駈け」は横浜市場の売りでもあるので、獲れたて鮮度な魚を多くの人に感じて欲しいですね。

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー