愛媛宇和島、ワラサやイナダが侮れない。

嗚呼、水曜日って市場開場する意味あるの?

画像は敢えてアップしませんが、水曜日の買出人来場者が少ない・来ないです。

古くから「不動産業」「小売店」は、水曜日が定休日です。

年中無休のスーパー・量販店などをお客さんとして持っている仲卸は、基本休めません。

しかし早朝の注文・配送分の対応のみ行い、仲卸店舗はシャッターを開けないケースもあります。

来年度の市場の休開市日(市場カレンダー)は、豊洲市場と横並び。

チェンジ、独自性を出せずにいることの是非を、現場をしっかり見て判断して欲しいですね。

今日も魚が少ないですが、

しっかり北海道のブリや

愛知やからスズキが入荷しています。

そして愛媛からは吻を切られたカジキまで。

先々週日本海を泳いでいた輩が、グルっと回って黒潮に乗ってきたのでしょうか?

面白い魚が入荷していますが、今日おかずで買ったのは愛媛秀長水産のイナダです。

2入9/10㎏のワラサと、4入10㎏イナダがあったのですが、担当小島社員の話では小さくでも良いとの前評判。

これは食べない訳には行かないと思い買いました。

恐らく今日の夕飯のおかずは決まっているので、明日のおかず候補で帰宅後に捌きたいと思います。

2.7㎏のワラサ、値段を聞いたらビックリするはずです。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

横浜中央卸売市場発かながわの魚が食べたい!

アーカイブ

市場カレンダー