トピックス

戸井まぐろ登場、そして津軽海峡が熱い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

う~ん、何か盛り上がらない師走。

よく昔の話しばかりする人がいるけれど、私は過去をあまり振り返らない性分。

だって、私達を取り巻く環境が激変しているのに、過去のトレンドはないと思っているからです。

それにしても今年は暖冬?全く冬らしくない。

そのため、この時期の鍋商材である牡蠣や河豚の動きも悪く、相場も下降ぎみだそうです。

こうなったら大玉花火でもドカ~ンと打ち上げますか!

そんな大玉花火になりうる食材が入荷しました、それは戸井の本マグロです。

 

冬のこの時期の津軽海峡は熱視線が常に注がれています。

水揚げされる本マグロが北海道なのか、青森県なのかで大雲泥の差が発生します。

青森県の大間まぐろ、北海道函館市の戸井まぐろの両者は、共に競い合うライバル同士=東西の横綱みたいな存在です。

今日の戸井のまぐろは・・・・・、素人が見ても赤身の具合いいですね。

腹の中を覗いてみると、脂がのっています。

大物の仲卸たちは、狙いをつけ買いたいマグロを入念にチェックしています。

まるで医者が病人を触診するように丁寧に時間をかけています。

そして、ターゲットのマグロをせり落とすための真剣勝負が開始されました。

さて戸井まぐろは何処の仲卸がセリ落したのか?

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー