サイトアイコン 横浜丸魚株式会社

擦れて痛そう?底引きの太刀魚。

久々セリの時間に、特種課と鮮魚課のセリ場を見れた。

そして個人的には、今年お初の平塚の追っ駈けの魚にも出逢えた。

但し、少し細目の太刀魚とシコ(カタクチイワシ)です。

同じ太刀魚ですが、やっぱり相模湾と東京湾では魚が違いますね。

底引き網漁と定置網漁の違いもあるため、顔に受けているダメージも違いますね。

まあ、頭の傷は味には影響しないのでノープロブレムですね。

やっぱり食べるならサイズの大きな太刀魚が良いですが、その分お値段は当然高いです。

やばい、見ているだけで涎が出て来る。

太刀魚と言ったら「塩焼き」「ソテー」「フライ」が定番メニューですが、本牧・小柴や追っ駈けのモノならば刺身でも大丈夫です。

小さくて売り物にならないサイズは、捨てちゃう「未利用魚」なの?

いえいえちゃんと捨てずに使いますよ。

まだ私も調理した経験がないのですが、この太刀魚はラーメン屋に直行するそうです。

何するの?だいたい察しはつきますよね。

正解は、この太刀魚を使ってラーメンのスープを作るそうです。

如何やら太刀魚の出汁は癖がなく、嫌な臭いがない出汁が出来るようです。

でっかい太刀魚だったら、捌いた後のアラからも出汁が作れるのでお得かも。

紹介してたら太刀魚食べたくなりました。

 

 

 

 

 

 

モバイルバージョンを終了