新元号『令和』のスタートに、追っ駈けはフル出荷!

今日5月2日午前4時30分、横浜市場は元号『令和』になって初めてのセリが行われました。

特段なにかが変わった訳ではありませんが、GW中なのにセリが出来るだけの魚が集まったことに驚きを感じます。

そして平塚市漁協の川長 三晃丸、日海丸、そして鎌倉漁協、小坪漁協からの追っ駈けも令和初登場。

さすがにGW中であるため、通常よりも集荷される荷物も限定的。

鮮度の良い追っ駈けの魚たちが入荷されたことで、仲卸・買参人が魚たちに向ける熱視線は、既に臨戦態勢モードです。

欲しいからセリ値が上がる、市場の価格調整メカニズムそのものです。

それにしても、あれだけ水揚げされていたイワシは何処へ行ってしまったのでしょうか?

そして毎年やって来ていたワラサ・ブリの大群は4月は不発、5月はどうなんでしょうか?

市場は明日3日は開場し、4日・5日は休市と二段跳び石連休です。

来週6日月曜日からは、普通に市場は開場しています。

川長 三晃丸さん、日海丸さん、お願いするのは可笑しいけれど、5月こそワラサ・ブリの大群お願いします。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー