トピックス

春限定の『雪解け牡蠣』如何ですか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫の目のような天気、暑かったり寒かったりで皆さん体調崩していませんか?

もう本格的な春、陽気は初夏を思わせるくらい。

でも、今の時期のセリ場は、浜風が場内を通り過ぎて一番気持ちがいいです。

そしてピンク色の発泡スチロールの箱。

もしかしたらサクラをイメージしたのかも!

今日は春らしい食材を紹介したいと思います。

特種相対品課北村社員、今イチオシの『雪解け牡蠣』です。

この『雪解け牡蠣』は4月・5月の春限定、正に雪解けなんです。

牡蠣と言うと冬の真牡蠣、夏の岩牡蠣を想像される方が殆んどだと思いますが、実は春の牡蠣はとても美味しいんです。

牡蠣は海水のプランクトンを食べて、栄養を蓄えながら成長していきます。

春の穏やかな陽が海を照らすことで、餌となるプランクトンが大量に発生すること。

岩手県陸前高田の広田湾は内湾の漁場で、水深が浅いことから、プランクトンの濃度が非常に濃いそうです。

そして名前の由来にもなっている雪解け水が、清流気仙川を通じて山の栄養分を広田湾に届けます。

美味しい牡蠣を作り上げるためには、恵まれた自然環境、そして牡蠣を1つ1つ大切に育てる漁師の気持ち・パワーが不可欠なんです。

期間限定、食べるなら今しかありません。

『雪解け牡蠣』要チェックです。

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー