松輪と平塚のサバは、鯖を読めない。

有言実行、マサバの捌き比べやっちゃいました。

仲卸㈲元初商店・大菊社長の提案通り、「松輪サバ」と「平塚追っ駈けのサバ」との比較です。

正直、そんなに変わらないと高を括っていました。

でも実際に魚に包丁を入れていくと、魚の質の違いに誰でも気付くと思います。

先ずは松輪サバを内臓を取らずに2枚下ろし。

サバは身が非常に柔らかなので、捌き方が上手じゃない私は身割れを起こしてしまいました。

しかしさすが松輪サバ、腹身の脂ののり凄くありませんか?

あとで衝撃的な映像があるので、暫らくお待ちください。

そしてこちらが平塚追っ駈けのサバ、見ただけでは違いが分かりずらいですね。

さてどうやって食べたら良いのか?

シンプルにサバの良し悪しを判断するには、シンプルな料理「サバの塩焼き」です。

今回は塩だけではつまらないので、昆布で〆てみました。

あとはご家庭にあるガスレンジのグリルで焼くだけ。

じゃじゃーん、松輪サバからは大量の脂が落ちていました。

これってノルウェーサバ?と勘違いしちゃうレベル。

食べても松輪サバの脂ののりが全然違いました。

絶対に食べている餌が違っているから、身質に違いを生じているんです。

その秘密は、釣りをする人なら直ぐに分かるかも。

やっぱりブランドは、噓をつかないんだと変に納得してしまいました。

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー