松輪の地キンメ入荷しました。

「トカゲの尻尾切り」、見事です。

誰とは言いませんが、禍根を残すでしょうね。

潔い対応だけれども、誰も褒めてくれないし、私も含め内心ではご自身も「同じ穴の狢」ではないかと勘ぐってしまう。

私は完全に「政治不信」に陥っていますが、業界が押している政党がこの様ですから残念でなりません。

しかし新官房長官の林 芳正氏は、東大出身で2度も農林水産大臣を歴任された方です。

半分以上諦めモードに入っていますが、最後の最後林氏に期待したいと思います。

林氏が任されたポストが、泥船ではないことを切に祈ります。

今日はセリ場で珍しい魚=キンメダイを見つけたので紹介します。

キンメダイ、全然珍しくない魚ですが、「松輪」漁業協同組合の発泡に入って登場です。

神奈川県産で、日戻りのキンメダイです。

15~16入り8kgですから、500~540g弱の小さめの魚体ですが、鮮度が良いから魚体がキレイです。

松輪漁協でキンメダイが水揚げされることは、決して珍しいことではありません。

しかしこれだけ纏まって入荷するのは珍しく、「地キンメ」「日戻り」は商品価値を高めるワードです。

常日頃、地の魚が横浜市場に多く集荷できるよう心掛けています。

加えて集荷するだけじゃなく、販売することにも全力で努力しています。

度が過ぎると相場が崩れますが、市場ですからモノは無いより有って欲しいです。

松輪のキンメダイ、是非食べて下さい。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

横浜中央卸売市場発かながわの魚が食べたい!

アーカイブ

市場カレンダー