横浜市場に秋鮭フィーレが初入荷。

もしかしたら初物ですか?と源波部長に尋ねたら、「ピンポン」でした。

北海道標津から2020年新物・秋鮭フィーレが到着しました。

梅雨が明けたと思ったら、もう秋なんですね。

届いたフィーレを見ても、まだまだサイズは小さめ。

次はラウンド(=丸魚の状態)で、出荷されて来るのを待つばかりです。

道内・2020年のサケ来遊予測をネットで検索すると、昨年より若干の微増を予想しているようです。

※2019年来遊数(千尾)17,560、2020年予測値(千尾)19,903の約13.3%増)

水産卸にとって、秋は3Sの動向が気になるんです。

3Sとは鮭(秋鮭)、秋刀魚(サンマ)、鯣烏賊(スルメイカ)の頭文字Sのことです。

この3Sは出荷者(漁師)、卸会社、仲卸、量販・スーパー等各々にとって秋商戦で売上を作る重要な食材なんです。

どうやら今期は長期漁況予報によると、サケとスルメイカに水揚げについては前年を上回る予想。

しかしサンマについては、過去最低の昨年を下回る最悪の予想がなされています。

さて本格的に動き出したら、どんな結果が待っているんでしょうか?

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー