紅ズワイガニはコスパ最高。

活けタラバガニ、

松葉ガニ、

セコガニ、

ドウマンガニ・・・・・。

高級食材が並ぶ特種相対品課のセリ場に、あるモノが大量入荷。

しかしアッと言う間に買い手が決まり、セリ場から搬出されて行きます。

今日ご紹介するのは、「湯上りですか?と思わず聞いてしまいそう。

 

真っ赤な姿が美しい「紅ズワイガニ」です。

出荷されてきたのは青森県西津軽郡深浦産の「日戻り紅ズワイガニ」、今年2度目の登場です。

なぜここで紅ズワイガニを紹介するのか?

ヒントは「箱売り」、1箱いくらという売り方です。

ごちゃごちゃチョット回りくどいですね。

ストレートに言って、スッキリしちゃいます。

紅ズワイガニは、カニは高いと言うイメージを超越した、懐に優しいカニなんです。

値段で言えば、セコガニと肩を並べる水準。

市場内の仲卸店舗では、1杯野口英世お一人さまで十分だと思います。

(但し、市況は毎日変化しますのでご理解下さい。)

カニは好きでも解すのが・・・・・、実は私も同類です。

セコガニは目が弱い初老には厳しい。

でも紅ズワイガニなら、ガニのサイズとしてはちょうどイイ。

だから目には優しいし、慣れてくれば解すのも苦じゃないはずです。

紅ズワイガニはお一人様の方は購入を考えた方がイイです。

だって、カニを解すのに集中し過ぎ、食べるのに集中し過ぎて、どんどん会話が・・・・・。

絶対に無口になるか、独り言増えちゃうでしょうね(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー