美食家コブダイは、歯が命。

横浜・富岡からチョット珍しいモノが出荷されてきました。

見たまんまの名前、水族館などでも人気な魚、コブダイを今日はご紹介します。

別名カンダイとも呼ばれていますが、漢字で書くと「寒鯛」。

冬に食べると美味しい魚だから、カンダイと呼ばれていますが・・・・・。

タイ科の魚類ではなく、ベラ科に属する魚です。

鮮度が最高にイイので、魚体が美しく輝いています。

そして印象的なのが瘤(コブ)と言いたかったのですが、まだ若い魚なので瘤は発展途上です。

その代わりにコブダイの口見て下さい。

鋭い歯でしょ!

殻付きのカキやウニをこの歯と顎を駆使して、バリバリ食べちゃうそうです。

チョット脱線しちゃいますが、他の魚の歯ってどうなっているのか確認してみました。

マグロには、小さな歯がキレイに並んでいます。

そしてカジキには、歯は一見なさそう。

でもよく見て見ると、紙やすり状モノが顎に付いていました。

マグロやカジキが、採餌した獲物を歯で噛み砕くなんで無さそうですよね。

コブダイ釣りの餌を調べてみると、ムラサキイガイ、サザエ、フジツボ、ウニ、そして殻付き牡蠣等々。

コブダイくんは、かなりの美食家のようですね。

和洋中どんな調理方法にも対応出来る万能魚のコブダイ。

モノの話に食べてみたい魚の一つです。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー