荒海ホタテ、ストレスは極力抑えています。

「頑張れ」と言うワード、最近使い難くなっています。

娘たちにも無責任に「頑張れ」と言わないでと、怒られることもあります。

人としてデリカシーがないから?

言っている相手を分かった上で声をかけ、相手へ追い打ちをかけるような叱咤をしているつもりはないけど・・・・・。

この「頑張れ」と言葉自体に嫌悪を感じるんですね。

「頑張れ」「頑張れ」と自分の尻を叩いてきたけど、頭の古い人間は考え方をチェンジしないとダメですね。

でもモノには変わるモノと、変わらないモノがある。

今日は平成29年11月(西暦2017年)から変わっていないモノ、荒海ホタテを紹介します。

どうですか?とてもキレイでしょ!

通常は海水と共に出荷されてくる殻ホ=殻付きホタテですが、荒海ホタテがご覧の通りです。

発泡の箱の中で、荒海ホタテは整然と並んでいて、殻はキレイな状態で出荷されている。

これが荒海ホタテのお決まり、約束なんです。

今までに2018年、2019年、2020年の3回、このブログで荒海ホタテを紹介してますが、全然変わっていません。

今日入荷している荒海ホタテは20個入れで、少し小さめサイズです。

しかし貝柱を覗いてみると、しっかりと成長していることが確認出来ました。

成貝になるまでに籠やネット内の枚数を調整したり、ホタテが栄養環境を整えるために、殻の付着物は5回除去するそうです。

出荷時は、荒海ホタテのコンディションがベストになる時期まで、低温地下海水の水槽で一時保管されるそうです。

どおりで水なしの状態でも、荒海ホタテは元気良く出荷されて来るんですね。

ホタテのきれいな貝、きれいな味への拘り、私は大賛成です。

シーズン中に是非1度は、仲卸店舗で購入したいと思います。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー