蘊蓄知って食べる時鮭は美味い。

今、何かおススメの魚があるか?と聞かれたら・・・・・。

私はあれとこれが思い浮かびます。

あれはイサキ、

これは時鮭。

1つに絞って欲しいと言われたら、私には選べない。

苦渋の選択、私は敢えて今の時期だけ・走りの食材として「時鮭」を推したいと思います。

イサキは美味い、でも極端な言い方をすると、市場では1年を通して目にし、食べることが出来ます。

しかし「時鮭」は春から夏に獲れる貴重な白鮭で、秋鮭が獲れるまでの数ケ月しか楽しめません。

役得なのか、ブログのお陰なのか、今回時鮭を食べる機会を頂きました。

とてもキレイな身色、思わず生でパクリと行きたかったのですが・・・・・、我慢しました。

シンプルに「時鮭」の味が分かる塩プラス胡椒焼きにしてみました。

切り身の部位の選択権は辛うじて私が死守しました。

そして私が選んだのはカマの部分。

私は見てしまった!時鮭の脂がロースターの熱に反応して小躍りしている姿を。

仕上がりはご覧の通り。

皿の色がオートフォーカスに反応して、時鮭の映りが悪い!

チョット調整してみると、実際の色目に近づきました。

身肉に箸を入れると、柔らかな触感。

食べてみるとジューシー、そしてカラダにスッと入る脂が美味しい。

何も知らずに食べるより、時鮭の蘊蓄を知って食べると何となく美味さが増えた気がします。

どうです「時鮭」、絶対に食べる価値あると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー