赤貝、貴方はいったい何歳?

特種相対課石川社員のセリ場で、拳骨みたいにでっかい奴を発見。

しかもそれが国産だと聞いて、驚きも2倍です。

何だか見れば分かりますよね、英語で書くとBloody clam。

捌くと真っ赤な血が・・・・・。

そうです、この赤い血液が名前になった赤貝、今日は巨大赤貝を紹介します。

赤貝は1年を通して出荷のある食材で、国産は希少、ほどんどが韓国や中国など海外モノで賄われています。

この拳骨みたいに大きな赤貝は、山口県宇部より出荷された貴重な国産モノです。

いったい何年費やしてここまで大きく成長したのでしょう?

ネットで赤貝の寿命を調べたら10年くらいと記されていました。

2年で5~7㌢、3年で8~9㌢と言われているから、体長15㌢程度になると5年では済まないでしょうね。

余り大きいと味はどうなんでしょう?

その辺のところを石川社員に聞いてみると、国産なので香りが高くのですが・・・・・。

造りをどのようにするのか、捌く職人にかかってくるそうです。

赤貝の半身なんて、聞いたことも見たこともないし、いくら貝好きでも限度ありますよね。

でも興味ありません?

ケチで欲張りな性分なので、大きい葛籠を選んじゃう方なんで・・・・・。

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー