雛祭は女の子の祭りだけど、蛤は老若男女に食べて欲しい。

連日報道される「新型肺炎」がおおきな影を落としている。

当社から「ダイアモンド・プリンセス号」が見えるだけに、気だけが急いて落ち着かない。

これから3月3日の雛祭、3月・4月の卒業入学式等々イベントが山盛りなのに・・・・・。

お祝いの自粛ムードが日本中に蔓延したら、中小飲食業者は屋台骨を揺るがしかねない事態に陥る可能性もあります。

罪のない人が犠牲を負うようなことだけは、絶対に回避して欲しいですね。

今日は雛祭やお祝いごとには欠かせないモノ、「ハマグリ(蛤)」を紹介します。

ハマグリは市場で働くようになって、グッと近い存在になった食材の一つです。

多くは中国、韓国辺りからの輸入に依存していますが、日本国内では茨城県、千葉県、熊本県などが地蛤の名産地として有名です。

地元神奈川では藤沢市漁協の「湘南はまぐり」はブランドとして確立しています。

しかし隠れた名品として個人的おススメするのは、江の島片瀬漁協の手掘りはまぐり。

新鮮さわやか片瀬漁港直売所でしか買えない「超レア蛤」、常にある訳じゃないので希少性が高いです。

蛤、浅利、蜆と貝扱いのプロ特種課岡社員の話では、産卵に向けて栄養をタップリ蓄えた春先(2~4月)。

正に今が旬の食材なのがハマグリなんです。

ハマグリと言えば「お吸い物」が定番なんですが、子供好みでは決してないですよね。

私がおススメするのは、「ハマグリの酒蒸し」。

これまた「時短料理」なのに、美味しいんです。(キレイな出来じゃなくてすいません。)

今回は買って直ぐに料理出来なかったので、一旦冷凍させたハマグリを使用しました。

用意するものは、ハマグリ、ネギ、きのこ、バター、ニンニク、塩胡椒、日本酒(料理酒)等です。

①フライパンにバター、ニンニクを入れて温めます。

②温めたフライパンにハマグリ、日本酒、きのこを入れて蒸し焼きです。

③ハマグリが口を開けたら、ネギをいれてしんなりさせて完成。

④味を確認して、好みで塩胡椒を追加して下さい。

※我が家の場合、きのこもネギもクタクタの方が好きなので②の時点で投入しています。

ハマグリから良い出汁でています。

とことん酒蒸しが好きな人は、〆に残った汁でパスタを入れて食べちゃうぐらいです。

あと少し贅沢な話になりますが、小さめのハマグリで味噌汁を作ると・・・・・、アサリの味噌汁食べれなくなります。

絶対に、一度試してみて下さいね。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー