髭剃り残し?ヒゲソリダイ。

ちょっと変な気候に身体が付いて行けない。

昨晩は南南西の暖かい風と突風が吹き荒れ、当地横浜の気温は20℃超えです。

しかし現在の風向きは北に変わり、気温も14℃近くまで下がって来ています。

油断をしていると・・・・・、風邪ひいちゃうかも。

皆さん、体調管理には十分ご留意ください。

嗚呼、憂鬱な朝。

男にとって憂鬱と言えば、毎日の髭剃り。

頭の毛は薄くなるのに、髭は衰えを知らない。

何なら無毛でも良いのにな(笑)。

今日は髭にちなんで、ヒゲソリダイを紹介します。

ヒゲソリダイはその名の通り、髭が下あごにあるのですが・・・・・。

 

剃られてしまって、無精髭程度に生えています。

対してヒゲソリダイと同じ仲間でヒゲダイと言う魚がいるんですが、ぼうぼうです(笑)。

ヒゲソリダイはスズキ目イサキ科ヒゲダイ属に属する生物で、どちからと言えば暖かい海域に生息しています。

セリ場に並んでいたヒゲソリダイは、静岡県の舞阪から出荷されてきたものです。

ヒゲソリダイは鯛は鯛でも、「肖りタイ」。

しかし「肖りタイ」でも、タイの名を纏っているだけあって、白身で血合いが綺麗に出るので真鯛のような使い方も可能です。

生食(刺身)、そして煮たり焼いたりと調理方法を選ばないヒゲソリダイ。

今度、食べてみたいな。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー