トピックス

鯉?姫?女郎?オジサン?ヒメジです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『鯉』だよね?

髭があるし、やっぱり『鯉』だよ。なんて、嘘くさい小芝居しちゃいました。

どう見ても『鯉』には見えないですよね。

ヒメジと言う魚ですが、市場でヒメジと名前で呼ばれていること聞いたことないです。

髭がトレードマーク『オジサン』と言う愛称で親しみを込めて呼ばれています。

今日は東京都波浮、長崎県より出荷されています。

その煌びやかな姿から『姫魚』、『遊女魚』、『沖の女郎』などとも呼ばれているそうです。

小父さんと女郎では、真逆な名前で笑ってしまいます。

このヒメジの顎髭、味覚を感知できる「味蕾」と言う細胞があり、この髭を使って海底にいる餌を探知しているそうです。

この細胞は、ホウボウの脚のような鰭にも「味蕾」があるそうです。

どんな味なんでしょうか?

興味がありますが、どうやら生食と言うより天麩羅やフライ、ムニエルなどで調理すると美味しい魚のようです。

ちょっと言葉尻が弱いかな?

実際に食べていないので、すいません。

愛称・姿形は、絶対に子供受けするオジサンことヒメジ、これからが旬らしいので1度挑戦したいと思います。

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー