トピックス

鳥取から丸のソデイカ、遂に登場。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なんてことでしょう、待ちに待ったロケットが到着しました。

前回は切り捌かれて可哀想な姿しかお披露目できなかったので、今回は挽回です。

毎年この時期になると、特種課岡社員のセリ場には丸のソデイカが並びます。

既に山石水産の札が入っていましたが、少し氷をどけてカラダの前後をパシャリ。

今日のソデイカは鳥取県網代新港から出荷されたもので、ソデイカの足に人の手が触れると、まだ吸盤が反応するくらい鮮度が抜群です。

尖がっているのが「頭」、だと思うでしょ。

実はイカの頭部は目や口がある方で、頭から足が生えていることになります。

人間でその姿を想像したら・・・・・。

ぷっ、ぷっ、かなり笑える姿です。

新鮮なイカだからすぐに食べないと駄目と決めつけるのは、素人ですよ。

岡社員によると、ソデイカはこの時期は凍されて冷凍庫で少しの間お休み。

イカは元来、冷凍に向いた素材で、凍結しても組織が壊れることなく美味しく召し上げれます。

そしてソデイカが大活躍するのは、年末年始の物量が少ない時期。

回転ずしや宅配ずしのタネとして生まれ変わった姿を、皆さまに披露する日も近いかな。

このサイズのソデイカだと、いったい何人分の寿司タネ作れるんでしょうね?

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー