やっぱり「ひみ寒ぶり」はお知らせしないと・・・・・。

少し前倒しで宣言されました。

冬の風物詩、「ひみ寒ぶり」宣言が今月20日(水)に出されました。

昨年(平成30年)が12月1日に宣言が出されていたので、11日早い「ひみ寒ぶり」宣言となりました。

20日朝の氷見漁港には、8㎏から9㎏を中心に204本のブリが水揚げされたそうです。

そして今日22日、横浜市場に今期初登場です。

いつ見ても「青い箱」、イイですね。

そして発泡の蓋には、「ひみ寒ぶり」の赤い文字。

誰も見てないうちにパーチを外して、「ハイ、ポーズ!」。

シリアルナンバーも確認しました。

鮮魚課大山社員が言う通り、イイ尾っぽ(尾の付け根)してます。

みんなブリの胴回り、腹持ちチェックしてます。

さすが「ひみ寒ぶり」厭らしい言い方ですが、良いカラダしてます。

イイのは魚体だけでなく、お値段の方も・・・・・。

佐渡ピンク、氷見ブルーと駒が揃って来ました。

オンリーそれだけじゃなく、良いブリは全国各地から大量に入荷しています。

ブランドで選ぶのも良し。

懐と相談して選ぶのも良し。

自分の目利きで選ぶのが一番良いですね。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー