カスミアジ、とうとうギンガメアジ属まで入手した。

先週の日曜日、やっぱり魚を捌いた。

休み前に珍しい魚を仲卸㈱伊勢三でゲットしたからだ。

本当は天然シマアジを目が欲しがっていたんですが・・・・・。

値段と食べたことがない魚にしようと思い、カスミアジに決めました。

とうとうギンガメアジ属に足を踏み入れてしまいました。

お店ではこんな感じでしたが、自宅台所では1.6㎏はデカかった(笑)。

その魚どうするの?と聞かれ、私が答える前に、焼きや煮付けはNGと相方から先制パンチを喰らってしまった。

だったら生食しかないじゃん。

そしてその場しのぎで、「カルパッチョ」と答えてしまった。

実は面白いドレッシング(旨味の誘惑)を入手していたので、それをチョット試してみたかったんです。

カスミアジを3枚に下ろすのは、全然ストレスを感じなかったのに、皮を引くのが一苦労。

頑丈な皮下にもう一枚白く薄い膜か皮みたいなものがあり、キレイに取り除くのが面倒でした。

作るのに時間はかかるけど、食べるのはあっという間に(笑)。

カスミアジ、安くて美味い。

しかも活〆だったので、鮮度は抜群でした。

カスミアジがアジ科だからと言って、マアジやブリ、カンパチと同じ味わいなのか?

魚を捌いている間、上記のアジ科の魚と似て非なるものだと感じていました。

実際に食べてみて、敢えてアジ科の魚を当てはめるとしたら、イトヒキアジあたりかもしれません。

今回カスミアジを食べて思ったことは、アジ科の魚は食べて外れがないと感じました。

さあ、次は何を食べようかな?

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー